HOME>企業情報>FC制度について

FC制度について

フランチャイズ店でも全国展開を実現する!!

当社の店舗は、お店で楽しめる外食はもちろん、持ち帰りメニューも充実しており、年々高まっているニーズの「中食」の役割も担える幅広い営業形態が自慢です。

このように、多様なライフスタイルの変化に対応できる経営と、まだまだ出店余地が大きい市場で、直営店だけでなくフランチャイズによる積極的な全国展開を進めてまいります。

一般のオーナー志望者はもちろんのこと、王将フードサービスでは社員の独立を積極的に支援しています。

チェーン運営で一番大事なことは、「安心感」です。お客様に繰り返しご利用いただくためには、お客様の信頼を得なくてはなりません。また、地域のお客様のニーズを汲取り地域のお客様に愛され、なくてはならない店舗にならなければなりません。

そのためには、どの店舗を利用しても同じ品質、同じサービスを受けられることも必要ですが、お客様の多様なリクエストに応じたより高い品質・サービスを常に求め続けなければいけません。具体的には味付けや好き嫌いにも応じる能力が必要です。

店舗の経営をされる加盟店の成功は、当社が成長していく源であります。従って、当社の経営努力は加盟店の経営支援が中心になります。この意味で、加盟店と当社は共存共栄の関係にあるといえます。

当社で当社独自の「社内独立制度」と一般加盟の募集を行っております。ここでは「社内独立制度」について説明します。

当社の社内独立制度について、社員が独立するための条件は、自己資金と日々店舗での仕事を通して、調理、接客、衛生管理、人材管理、そして王将の経営哲学を学び取るものです。徹底した現場主義と本部による教育研修が、未来のFCオーナーへの道を確かなものとしているのです。あとはひたむきな情熱さえあれば、誰にでもチャンスがあり、それを自らの手で現実のものとすることができるのです。

そして、特に注目に値することは、現在のFCオーナーの半数以上は当社の社員が独立したものであること。当社では社員の独立制度を充実させ、積極的な支援を展開しています。

ページの先頭へ