HOME>CSR>人材育成について

人材育成について

女性・男性参画による多様性を尊び、実践と研修でより人間力を高める!!

「女性・男性参画による多様性を尊び」と経営理念に掲げられている通り、当社は、女性の活躍や戦力化、就労機会の拡大を図ることを目的とし、2015年10月より新雇用形態として「地域限定・短時間社員」を導入。パートタイマーからの社員転換(登用)を積極的に行い、すでに60名以上のパートタイマーが正社員として活躍しております。今後も、従業員のライフスタイルに合わせた働き方の実現や女性の活躍を推進してまいります。

当社は実践と研修を通じ個性を大切にした人材の育成に取り組み、目標や夢の実現を強力にサポートしています。

「元気で明るい王将」のイメージが広く浸透しているのは、自己の可能性に目覚めた人材が育っている証しです。毎年100名を超える新入社員を採用していますが、新入社員を含め、夢や目標をもって日々頑張っている全スタッフは「飲食業は対面販売が原点」ということを基本とし、店舗でお客様に直に接してニーズを捉え、的確に応えることを学ぶ現場教育(OJT)を中心に、人間力向上を目的とした意識改革を軸とした研修を行なっています。店舗での現場教育では、仕事を通じてお客様が喜ばれるサービスとは何かを常に考え、王将のスタッフとして、また社会人として一人前へと成長していきます。また、エリアマネージャーによる母店での指導強化により、効率の良いコンサルティングを行い、店長マニュアル等による業務の効率化を指導し、意識改革を図っております。一方、知識や自己を高める研修は、あくまでも個々が自分のレベルを再確認し、それをさらに高めるひとつのステップです。新たな目標に向かう決意が固められ、前向きな意欲やスタッフ同士の結束力がより強固なものとなります。このように当社では、徹底した現場主義と自己を高める研修によって、個性豊かな人材育成を目指しています。

当社の研修は、どのキャリアについても個性を大切にし、「自分で考え、決断し、行動する」人材が未来の王将を担っていきます。

『女性・男性参画による多様性を尊び』という理念の下、当社では一人ひとりの特性を最大限に引き出すことを人材育成の指針と定め、目標の達成や夢実現のためのサポートを惜しまない方針を貫いています。 入社後、洗い場から仕込み・接客・調理と様々なポジションで経験と実績を積みながら副店長を目指し、さらに店舗運営、人材育成、販売管理を学び、店長へとステップアップしていきます。このようなステップを上がるため、当社では徹底した現場主義と、そのキャリアに合わせた研修により社員一人ひとりの「自奮自発」の精神を育んでいます。この実践と研修の繰り返しで、お客様にどのように接すればよいかを学び取り、調理をイロハから習得し、店舗運営の知識も身につけていくのです。

ページの先頭へ