個人投資家の皆様へ

業績の推移

当社の過去5年間の業績及び指標の推移は下表のとおりです。

(単位:百万円)

  2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期 2018年3月期
売上高(前期比)※1 76,281(102.6) 75,820(99.4) 75,317(99.4) 75,078(99.7) 78,117(104.0)
直営店既存店売上伸率※1 98.4% 96.4% 98.2% 99.4% 101.4%
売上総利益(率) 53,156(69.7) 53,099(70.0) 52,813(70.1) 52,453(69.9) 54,319(69.5)
営業利益(率) 6,999(9.2) 6,018(7.9) 6,269(8.3) 5,494(7.3) 5,503(7.0)
経常利益(率) 7,228(9.5) 6,360(8.4) 6,544(8.7) 5,801(7.7) 5,780(7.4)
当期純利益(率) 4,325(5.7) 3,675(4.8) 4,068(5.4) 3,839(5.1) 3,652(4.7)
総資産 61,938 63,848 62,014 64,727 65,102
純資産(自己資本比率) 42,158(68.1) 42,596(66.7) 43,936(70.8) 43,832(67.7) 46,122(67.7)
1株当たり当期純利益 214.28円 186.78円 211.39円 203.92円 195.30円
ROA※2 7.1 5.8 6.5 6.1 5.6
ROE※3 10.7 8.7 9.4 8.7 8.1
  • ※1 既存店とは、新規開店後15か月以内の店舗及び前年・本年同月の改装店舗を除いた店舗を対象としております。
  • ※2 ROA=当期純利益÷期中平均総資産
  • ※3 ROE=当期純利益÷期中平均純資産

2018年3月期は、値上げに頼ることなく基本的な価値を引き上げる事により業績を向上させる事に取り組んでまいりました。顧客が当社に求める要望に対し、愚直に取り組み継続してまいりました。

また、安易な値下げセールを排除し、「創業50年お客様感謝スタンプキャンペーン」により来店頻度アップを図り、毎月新しい期間限定商品を発売する事により顧客を飽きさせないなど、新しい販売促進活動に取り組んでまいりました。その中で、3月に「野菜煮込みラーメン」を販売し、売上代金の一部を、「あしなが育英会」の東日本大震災・津波遺児への支援活動へ寄付させていただくなど、社会貢献活動にも積極的に取り組みました。

そして、これらの施策を着実に店舗で実現する為に、当社従業員に対し、店舗運営スキルの向上を目指して社内教育機関である「王将大学」及び、調理技術の向上を目指した研修施設「王将調理道場」の新設を行いました。また、王将の良き伝統である熱意を醸成する「合宿研修」の復活など積極的に教育投資を行いました。これらの新しい教育研修には、既にのべ1200名以上もの社員が受講する実績を残しました。

この様に「基本的なQSC向上に向けた取り組み」「新しい販促活動への取り組み」「従業員への教育投資」は、過去3年をかけて取り組んできた従業員のモチベーション向上の為の労働環境の整備と相乗効果を生み、多くの店舗で成功事例を創出させる事に成功しました。結果として全社で過去最高の売上高を達成する事が出来ました。利益面においても、厳しい外部環境下で労働時間数を減少させながら売上目標を達成した事により営業利益が増益に転じた事は特筆に値すると判断しております。

当社は、今後とも当社の従業員を輝かせる人的な投資を継続的に行いながら、「元気、明るい、美味しい、リーズナブル」という当社のブランドイメージを磨き、企業価値を高めてまいります。

また、多様化する顧客ニーズに対応し、ターゲット層に向けた新たなメディアの活用としてスマートフォン用の餃子の王将公式アプリを3月にリリースいたしました。バージョンアップを重ねながら、最終的には顧客と双方向のコミュニケーションが図れる様な媒体に仕上げていく計画です。

宅配ポータルサイト「出前館」のシェアリングデリバリーを活用したデリバリーサービスでは、対象店舗を増やすなどサービスの拡大を図り、高齢化、女性の社会進出、お客様ニーズの多様化を背景に、これまで取り込めなかった客層の開拓を図ってまいります。

また、将来を見据えた海外展開におきましては、2017年4月20日に台湾1号店となる「餃子の王将 高雄漢神巨蛋店」のオープンに続き、11月には台湾2号店「餃子の王将 高雄漢神成功店」をオープンいたしました。焼き餃子をご飯のおかずとする新しい食べ方が受け入れられ連日ご盛況を頂いています。今後、この2店舗で海外運営のノウハウを蓄積した上で、台湾を中心とした店舗拡大を計画してまいります。

株主の皆様には、配当性向50%の株主還元方針に加え、当社株式への投資魅力を高め中長期的に保有いただくことを目的として株主優待制度を大幅に拡充いたしました。

当社は2017年12月24日に創業50周年を迎えました。これまでご支援くださったすべての皆様に感謝するとともに、2018年スローガンを「Keep on Going ~前に進み続けよう~」と定め、これから先の50年ももっとお客様に褒められる、もっとお客様に幸せを感じてもらえる店を創ることを目標に全従業員で取り組んでまいります。

店舗数の推移

当社の過去5年間の店舗数の推移は下表のとおりです。

(単位:店)

  2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期 2018年3月期
直営店(うち海外 461(4) 470(-) 473(-) 486(-) 509(2)
FC店 224(-) 232(-) 233(-) 231(-) 227(-)
合計 685(4) 702(-) 706(-) 717(-) 736(2)
計画

今後の見通しにつきましては、国内景気は雇用・所得環境が引き続き改善していき回復基調となることが見込まれますが、中国における過剰債務問題や不動産価格変動、米国トランプ政権による政策の不確実性、英国のEU離脱交渉などの世界情勢動向や、労働人口不足による人件費の高騰などが見込まれ、経営環境は依然として厳しい状況で推移することが予想されます。このような中、当社グループは、創業50周年を迎え、「Keep on Going~前に進み続けよう~」のスローガンのもと、お客様から「褒められる店」づくりを追求し、通期で直営24店、FC6店の出店、直営2店、FC6店の閉鎖を行い、新店効果による増収をあわせて、売上高は811億95百万円(前期比3.9%増)、営業利益は57億31百万円(前期比4.1%増)、経常利益は60億95百万円(前期比5.4%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は39億24百万円(前期比7.4%増)を計画しております。

これらの見通しをはじめ、当社グループの事業の状況等は様々な要因により影響を受け変動する可能性がありますが、計画の達成に向けて邁進してまいります。

2019年3月期の連結業績予想(2018年4月1日~2019年3月31日)

  売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 1株当たり
当期純利益
百万円 百万円 百万円 百万円 円 銭
第2四半期(累計) 40,140 4.3 2,572 1.3 2,799 6.2 1,790 4.7 95 62
通期 81,195 3.9 5,731 4.1 6,095 5.4 3,924 7.4 209 60
ページの先頭へ