個人投資家の皆様へ

業績の推移

当社の過去5年間の業績及び指標の推移は下表のとおりです。

(単位:百万円)

  2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期 2018年3月期 2019年3月期
売上高(前期比)※1 75,820(99.4) 75,317(99.4) 75,078(99.7) 78,117(104.0) 81,638(104.5)
直営店既存店売上伸率※1 96.4% 98.2% 99.4% 101.4% 102.3%
売上総利益(率) 53,099(70.0) 52,813(70.1) 52,453(69.9) 54,319(69.5) 57,261(70.1)
営業利益(率) 6,018(7.9) 6,269(8.3) 5,494(7.3) 5,503(7.0) 6,924(8.5)
経常利益(率) 6,360(8.4) 6,544(8.7) 5,801(7.7) 5,780(7.4) 7,310(9.0)
当期純利益(率) 3,675(4.8) 4,068(5.4) 3,839(5.1) 3,652(4.7) 4,189(5.1)
総資産 63,848 62,014 64,727 65,102 63,950
純資産(自己資本比率) 42,596(66.7) 43,936(70.8) 43,832(67.7) 46,122(67.7) 46,872(73.3)
1株当たり当期純利益 186.78円 211.39円 203.92円 195.30円 223.62円
ROA※2 5.8 6.5 6.1 5.6 6.5
ROE※3 8.7 9.4 8.7 8.1 9.0
  • ※1 既存店とは、新規開店後15か月以内の店舗及び前年・本年同月の改装店舗を除いた店舗を対象としております。
  • ※2 ROA=当期純利益÷期中平均総資産
  • ※3 ROE=当期純利益÷期中平均純資産

当社グループは、4つの主要戦略(人材戦略、商品戦略、店舗開発戦略、販促戦略)と6つのサポート戦略(工場戦略、FC店舗戦略、海外戦略、情報共有促進・社内広報強化、財務体質の強化、組織体制の強化)から成る中期経営計画に基づき、経営理念の実現に取り組んでまいりました。その主な戦略と成果については以下のとおりであります。

①積極的な人材教育投資
店舗の基本的な運営スキルを向上させるため、積極的な人材教育投資を行うこととし、社内に開設した「王将大学」及び「王将調理道場」において、社員の店舗マネジメントスキル及び調理スキルを向上させ、合宿研修でマインドの醸成を行い、店舗のQSC向上を図ってまいりました。
②生産性向上
材料費、人件費が高騰する環境下でありましたが、調理方法やシフト管理の見直し等による生産性向上のための努力と工夫を実行し、価格を据え置くための取り組みを実施してまいりました。
③安定的な国産食材の供給確保と継続的な品質改良
餃子の具に使用する青森県産にんにくの生産者と緊密な連携を行うなど、上質かつ安定的な国産食材の供給を確保するとともに、餃子の皮に使用する北海道産小麦の特性を最大限引き出すため継続的な製造工程の見直しを実施し、看板商品である餃子の継続的な品質改良を実施してまいりました。
④料理の味の向上
グランドメニューを中心により美味しさを追求して常にレシピを見直し、絶えず料理の改善に努めております。また、季節感を取り入れた毎月の期間限定商品を開発、提供し、飽きのこない新鮮味のあるメニューの追求にも努めてまいりました。
⑤積極的な販売促進活動
従来の新聞折込チラシに加え、お客様からご好評を頂いているスタンプキャンペーンを年間通じて実施するとともに、スマホアプリの電子クーポン配信やラジオ番組のスポンサー契約、さらに有名タレントを起用したテレビCMへの刷新など、新規顧客獲得を図りつつ、顧客の固定化、来店頻度向上のための施策を実施いたしました。その他にも「二人の餃子」のPVを公開するなど、積極的な販売促進活動を行いました。
⑥テイクアウト強化
テイクアウト商品の生ラーメンパックを刷新したところ、売上、販売数量ともに前年比2倍以上となるなど大変ご好評を頂き、テイクアウト商品の販売強化を図ることができました。なお、同商品は京都府久世郡久御山町のふるさと納税返礼品に選出され、注目をいただきました。今後も消費税改定後の軽減税率適用を見据え、スマホから注文できる仕組みの導入などテイクアウト強化のための施策を実施してまいります。
⑦新たな市場開拓
新たな客層の獲得を目指した新コンセプト店「GYOZA OHSHO」の6店舗目となる有楽町国際フォーラム口店を開店し、東京初出店を果たしました。今後も立地や客層に応じた柔軟な店舗作りを進めてまいります。
また、潜在的な消費者ニーズが高いデリバリーサービスについて、大都市圏での「出前館」、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の導入を開始し、今後対象地域の拡大を行う予定です。
⑧CSRの強化
東日本大震災による被災地支援を目的に1食につき30円を寄付する「野菜煮込みラーメン」を2016年より毎年3月に継続的に実施してまいりました。また、「株式会社王将ハートフル」は障がい者雇用を積極的に実施している企業として、京都府より「京都はあとふる企業(京都府障害者雇用推進企業)」の認証を受けるなど、グループ全体でCSRの強化を図ってまいりました。なお、「株式会社王将ハートフル」は事業開始時から労務災害無事故記録を更新し続けております。

上記の取り組みを始めとした活動に対し、お客様から高い評価を頂けたことが当連結会計年度においても過去最高の売上高を獲得した大きな要因であると考えております。

こうした中、創業50周年を節目に、当社社員に株主の皆様と同じ目線で企業価値の継続的向上を目指す感覚を持たせること及びこれまでの礎を築いてくれた社員へ感謝の気持ちを表す目的から、社員に譲渡制限付株式を付与いたしました。さらに、当連結会計年度の成果を踏まえ、決算賞与を5年ぶりに支給することを決定いたしました。今後もグループ一丸となり、全従業員がやり甲斐を感じながら働ける職場づくりを推進し業績向上に努めてまいります。

店舗数の推移

当社の過去5年間の店舗数の推移は下表のとおりです。

(単位:店)

  2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期 2018年3月期 2019年3月期
直営店(うち海外 470(-) 473(-) 486(-) 509(2) 516(2)
FC店 232(-) 233(-) 231(-) 227(-) 213(-)
合計 702(-) 706(-) 717(-) 736(2) 729(2)
計画

今後の見通しにつきましては、国内景気は雇用・所得環境の改善が続き、経済の回復基調が持続することが見込まれますが、通商問題が世界経済に与える影響や海外経済の不確実性、金融資本市場の変動の影響等に留意する必要があり、さらに10月に予定されている消費税率の引き上げや原材料価格の高騰に加え、人手不足に伴う人件費や物流費の高騰などが見込まれ、経営環境は依然として厳しい状況で推移することが予想されます。このような中、当社グループは、「Keep on Going」のスローガンのもと、お客様から「褒められる店」創りを追求し、通期で直営17店、FC5店の出店、直営1店、FC2店の閉鎖を行い、新店効果による増収をあわせて、売上高は849億36百万円(前期比4.0%増)で3年連続の過去最高を見込み、営業利益は71億29百万円(前期比3.0%増)、経常利益は75億31百万円(前期比3.0%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は46億96百万円(前期比12.1%増)で増収増益を計画しております。

これらの見通しをはじめ、当社グループの事業の状況等は様々な要因により影響を受け変動する可能性がありますが、計画の達成に向けて邁進してまいります。

2020年3月期の連結業績予想(2019年4月1日~2020年3月31日)

  売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 1株当たり
当期純利益
百万円 百万円 百万円 百万円 円 銭
第2四半期(累計) 42,413 3.8 3,393 △10.9 3,626 △9.4 2,328 △11.2 124 12
通期 84,936 4.0 7,129 3.0 7,531 3.0 4,696 12.1 250 39
ページの先頭へ