個人投資家の皆様へ

業績の推移

当社の過去5年間の業績及び指標の推移は下表のとおりです。

(単位:百万円)

  2013年3月期 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
売上高(前期比)※1 74,365(104.7) 76,281(102.6) 75,820(99.4) 75,317(99.4) 75,078(99.7)
直営店既存店売上伸率※1 98.8% 98.4% 96.4% 98.2% 99.4%
売上総利益(率) 52,619(70.8) 53,156(69.7) 53,099(70.0) 52,813(70.1) 52,453(69.9)
営業利益(率) 8,806(11.8) 6,999(9.2) 6,018(7.9) 6,269(8.3) 5,494(7.3)
経常利益(率) 9,080(12.2) 7,228(9.5) 6,360(8.4) 6,544(8.7) 5,801(7.7)
当期純利益(率) 4,925(6.6) 4,325(5.7) 3,675(4.8) 4,068(5.4) 3,839(5.1)
総資産 59,260 61,938 63,848 62,014 64,727
純資産(自己資本比率) 39,007(65.8) 42,158(68.1) 42,596(66.7) 43,936(70.8) 43,832(67.7)
1株当たり当期純利益 243.98円 214.28円 186.78円 211.39円 203.92円
ROA※2 8.5 7.1 5.8 6.5 6.1
ROE※3 13.3 10.7 8.7 9.4 8.7
  • ※1 既存店とは、新規開店後15か月以内の店舗及び前年・本年同月の改装店舗を除いた店舗を対象としております。
  • ※2 ROA=当期純利益÷期中平均総資産
  • ※3 ROE=当期純利益÷期中平均純資産

2017年3月期は、労働時間の短縮、有給休暇取得促進等による労働環境の整備に加え、3年連続となるベースアップを行い従業員の幸せを追求し続け、さらに社外の人材を登用してガバナンス体制を強化した上で、お客様満足創造への様々な改善と挑戦を真摯に実践し続けてまいりました。クックパッド社とのタイアップ企画や新コンセプト店「GYOZA OHSHO」の更なる店舗展開、Yahoo!ショッピングへの公式通販ショップの開設、外販事業テストマーケティング開始、「極王焼そば」や「にんにくゼロ餃子」の販売開始、「ゆず風味餃子のたれ」「辣油」「王将マジックパウダー」の店頭販売開始など多様性に富んだ販売促進活動を行ってまいりました。一方、熊本県に売上の1%を義援金として寄付するぎょうざ倶楽部プレミアム会員の募集や復興応援メニューとして「春の野菜煮込みラーメン」を販売し、1杯につき30円を義援金として熊本県へ寄付するなど社会貢献活動にも積極的に取り組んでまいりました。

2017年12月24日の創業50周年の節目に向け、台湾への子会社「王將餐飲服務股份有限公司」の設立と初出店や、障がい者雇用の特例子会社「株式会社王将ハートフル」の設立等、この50年に感謝するとともに次なる50年も見据えた様々な試みを計画し、これまでの深い「感謝の気持ち」を、ステークホルダーの皆様へ企業活動を通して還元して、お客様から「褒められる店」を創り続けることができるよう努めてまいります。

店舗数の推移

当社の過去5年間の店舗数の推移は下表のとおりです。

(単位:店)

  2013年3月期 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
直営店(うち海外 442(4) 461(4) 470(-) 473(-) 486(-)
FC店 223(-) 224(-) 232(-) 233(-) 231(-)
合計 665(4) 685(4) 702(-) 706(-) 717(-)
計画

今後の見通しにつきましては、国内景気につきましては雇用・所得環境が引き続き改善していき、回復基調となることが見込まれますが、英国EU離脱、イタリアの金融不安、インドの高額紙幣廃止、米国新政権の保護主義傾倒懸念などの世界情勢動向や、労働人口不足による人件費の高騰などが見込まれ、経営環境は依然として厳しい状況で推移することが予想されます。このような中、当社は、創業50周年を迎え、「感謝」のスローガンのもと、お客様から「褒められる店」づくりを追求し、通期で直営27店、FC12店の出店、FC1店の閉鎖を行い、新店効果による増収をあわせて、売上高は775億95百万円(前期比3.4%増)、営業利益は56億93百万円(前期比3.6%増)、経常利益は59億66百万円(前期比2.8%増)、当期純利益は39億14百万円(前期比2.0%増)を計画しております。

これらの見通しをはじめ、当社の事業の状況等は様々な要因により影響を受け変動する可能性がありますが、計画の達成に向けて邁進してまいります。

なお、当社は、平成30年3月期より連結決算に移行いたします。連結決算開始に伴う連結業績予想に関しては下記を計画しております。

平成30年3月期の連結業績予想(平成29年4月1日~平成30年3月31日)

  売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 1株当たり
当期純利益
百万円 百万円 百万円 百万円 円 銭
第2四半期(累計) 38,416 2,549 2,724 1,705 91 07
通期 77,696 5,680 5,947 3,895 208 08
ページの先頭へ