HOME>CSR>環境(環境への取り組み)

環境(環境への取り組み)

基本理念

株式会社王将フードサービスは、地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つであることを認識し、全組織を挙げて環境負荷の低減に努力します。

方針

株式会社王将フードサービスは営業活動及びお客様へのサービス提供に係わる環境影響を低減する為に、次の方針に基づき環境マネジメントシステム 活動を推進して地球環境との調和を目指します。

  1. 当社の活動である“餃子の王将”の店舗運営を通じて、製品とお客様へのサービス(より美味しくより健康に、より安心・安全・衛生的に、心地よいスピーディーなおもてなしを追求進化し)を経営理念として料理の提供に係わる環境影響を常に認識し、環境汚染の予防を推進すると共に、環境マネジメント活動の継続的改善をはかります。
  2. 当社の活動、製品及びお客様へのサービス提供に係わる環境関連の法的及びその他の要求事項を順守します。
  3. 当社の活動、製品及びお客様へのサービス提供に係わる環境影響のうち、次の項目を環境管理重要テーマとして取り組みます。
    1. (1)電力使用量削減(本社・店舗・工場)
    2. (2)都市ガス使用量削減(店舗・工場)
    3. (3)水道使用量削減(店舗・工場)
    4. (4)社会貢献活動(本社・店舗)
    5. (5)グリーン調達活動(本社・店舗・工場)
  4. 一人ひとりが環境負荷低減活動を積極的に実践できるように、この環境宣言を全従業員に周知すると共に一般の人々が入手できるようにします。

上記の方針達成のために、目標を設定し、定期的に見直し環境マネジメントシステムを推進します。

制定日:2009年12月1日

改訂日:2014年12月1日

株式会社 王将フードサービス

代表取締役社長 渡邉直人

KESステップ2登録

KESとは京都議定書の地、京都から発信された「環境マネジメントシステム」です。

ISO14001とほぼ同等の要求項目があり、当社でも目標を掲げ積極的に取り組んでいます。

当社の事業活動、製品およびサービスが環境に及ぼす影響に関して、継続的な環境マネジメントを行います。

KESを詳しく知りたい方はコチラ

資源の有効活用

店舗 食品残渣のリサイクル

店舗設置の生ゴミ処理機で一次処理した残渣を肥料化し、それを使って栽培した野菜を一部店舗の食材として使用。農林水産大臣・環境大臣より、広域に展開している外食企業としては初めてリサイクルループ(再生利用事業計画)の認可を受けるとともに、食品リサイクル推進環境大臣賞を受賞しました。

工場 加工残渣のリサイクル

工場から排出される麺の切れ端やキャベツの芯などを真空乾燥機で処理を行なった上で、飼料(エサ)の原料として再利用させています。

工場 廃プラスティックのリサイクル

梱包材や容器などに使用されているプラスティック類を専用の機械で、洗浄・圧縮。リサイクル原料として流通させています

温暖化防止への取り組み

A.オールLED照明
LEDの特徴
  1. 白熱灯や蛍光灯に比べ長寿命
  2. 視認性が良好で遠くから見つける事ができる
  3. 電力消費量が約1/3〜1/10と経済的。

店舗内外の照明は全てLED(発光ダイオード)を採用。長寿命、低消費電力で負荷低減に寄与します。

B.排気ダクト対策

レンジフード内の照明は完全防水・防油対応で安全性の高いものを採用しています。熱にも強く、長寿命で明るいこのLED照明を今後順次採用していく予定です。

C.窓ガラスの遮熱対策

窓からの熱の侵入は空調設備に多大な負担がかかります。特に西面・南面に窓が開いた店舗では、窓ガラスに遮熱コーティングを施し、空調負荷の低減につなげています。

D.電気の要らない自動ドア

言葉の通り、電気を使用しないでドアを自動的に開閉するものです。シーソーの原理で、踏み板に乗る体重を利用しています。電気を使用しないので省エネ率は100%です。現在、6店舗に導入し、今後も順次設置していく予定です。

エネルギーの「見える化」(遠距離監視システム)

電気の使用量を常に監視し、適切な状態に保つ事でエネルギーの無駄をなくします。

EV用充電スタンド

来るべき時代を見越して、本社にEV(電動車両)用充電スタンドを設置。太陽光発電装置と連係しているため、非常時の電源としても利用できます。現在は、電動バイクや電動アシスト自転車の充電用として利用しています。

太陽光発電装置

八幡店、宝ヶ池店、三雲店など5店舗に導入。合わせて約55キロワットを発電し、照明などの電力として使用しています。

また10KWの太陽電池を屋根部分に設置しております。

リチウムイオンバッテリー

7.2kWhのリチウムイオンバッテリーを設置。ピーク時間帯に放電する事で使用電力の平準化を計ると共に、緊急時の非常電源としても活用できます。

EMS(エネルギーマネジメントシステム)

使用電力を遠距離から一元管理。エネルギーの、無駄をなくします。

ソーラー給湯システム

上板橋駅南口店、都賀駅西口店、南大沢店、北白川店など5店舗に導入。太陽電池での発電量や太陽熱による給湯温度などはリアルタイムでモニターに表示し、来店のお客様へも環境について考えて頂くきっかけとなります。

小型風力発電装置

草加店、三雲店、野々市新庄店に設置。自然の風+排気ダクトからの風を受けて効率よく発電します。

独立型足元照明

昼間に内蔵された太陽電池で発電し蓄電。夜間は表面のパネルが自発光。1つ1つが独立して成立しているため、災害時などの際は目印灯の役目もはたします。

自然光導入システム

屋根に取り付けたドーム状の採光口から店内の自由なところに自然の光を取り込むものです。天窓と違い、熱や紫外線を持ち込まず、結露もしません。

ページの先頭へ