HOME>企業情報>関連子会社>株式会社王将ハートフル(特例子会社)

関連子会社
株式会社王将ハートフル(特例子会社)

設立の目的

企業の社会的責任の一環として、障がい者の安定した職場環境の確保を図り、障がいを持たれた方々が能力を最大限に発揮できる職場を作ること。

経営理念

障がいのある人、ない人がともに働き甲斐をもって、お客様から褒められる店づくりを支援します。その努力こそが私たちを成長させ、私たちに幸せをもたらし社会への貢献につながる原点となります。

社長メッセージ

王将ハートフルは王将フードサービスの特例子会社として、従業員はもちろん、親会社とも一体となって「お客様から褒められる店づくり」を支援していく役割を担います。従業員のみなさんに働き甲斐をもって活躍していただける職場を目指し、また王将ハートフルで働くことがみなさんに「幸せ」をもたらすよう、全社一丸となって取り組んでまいります。

代表取締役社長 渡邊 直人

王将ハートフルとは

王将フードサービスには幅広いたくさんの仕事があります。その中で、障がい者の方に適した仕事を見つけ出し、王将ハートフルが業務を行います。また、王将ハートフルでは、障がい者の方をサポートするためのスタッフを配置し、育成・指導ができる体制を整えています。そして、入社にあたっては実習を通じてお互いをよく理解した上で決定するなどきめ細かな配慮をするため、採用後のミスマッチを防ぎ、定着し働きやすい環境となっています。

王将ハートフルは、ただ働く場を提供するのではなく、能力を最大限に発揮し、社員一丸となってお客様・社会に貢献する・・・そんな会社づくりを目指しています。

個性+支援→働き甲斐 自立

業務内容紹介

まずはキャベツの加工、次の段階としてクリーニング作業を担います。

また今後はパソコンの入力作業など、新たな業務拡大を検討していきます。

キャベツ加工

餃子の餡に欠かせないキャベツの下処理作業として、キャベツのレーンへの投入、外葉や芯とり、検品、清掃を行います。久御山工場では、一日に餃子約120万個分の約18トンのキャベツを下処理します。お客様に美味しい餃子を届けるため、心を込めて作業しています。

レーンへ投入されたキャベツ
芯を抜く機械へセット
外葉と芯をとる
クリーニング作業

店舗から届く使用済みの制服や工場のユニフォームを業務用の洗濯機・乾燥機でクリーニングし、アイロンをかけて畳んだ状態で、店舗ごとにサイズや枚数を仕分け再び店舗に配送します。従業員が清潔な服装で気持ちよく働くための重要な業務です。

業務用洗濯機でクリーニング
サイズ別に分類
畳む機械へセット

会社概要

会社名株式会社王将ハートフル(特例子会社)
設立2017年2月14日(事業開始・同年4月1日)
所在地京都市山科区西野山射庭ノ上町294-1
代表者代表取締役社長 渡邊 直人
資本金3,000万円
株主株式会社王将フードサービス 100%
業務内容食材の加工、クリーニング業務、その他
勤務地久御山工場
(京都府久世郡久御山町田井東荒見1-1)
お問合せ先TEL 0774-41-1106
ページの先頭へ